株式会社 バイオックス 水処理装置の専門メーカーとして20年以上の信頼と実績!

製品情報

ホーム > 製品情報 > 業務用製品 > 標準元管用F型

業務用製品

 | 業務用製品一覧標準元管用 F型大口径用 F-K型省スペース用 FD型

 | ソケット直結用 Z型フランジ直結用 T・Y・X型大口径フランジ直結用 X-W型

 | 系統別の設置要領

 

 【標準タイプ】 配管挟み込み式 Fシリーズ 40A〜125A

業務用の標準タイプ。給水給湯系、冷暖房系、浴水循環系、各種産業用水・工業設備用水などに利用可能。磁気を吸収する鉄管やライニング鋼管などでも切断せずに設置でき、断水工事も不要です。

 
仕 様
型 式
Fシリーズ
F-40・F-65・F-80・F-100・F-125
設置方式
配管挟み込み方式(本体2分割)
(配管を切断せずに外側から挟み込むタイプ)
本体材質

ステンレスSUS304(JIS G4303)

水流側:エポキシ樹脂

機能部品
磁石素材
湿式異方性フェライト磁石
155mT(1550Gauss)
遠赤外線
アモルファスアルミノシリケートセラミックス
波長領域2〜15μm 黒体比最大 94.4%
特殊機能
磁束整流装置:強磁性軟鉄
光反射共振回路(特許):研磨アルミニウム
用 途
水道水・地下水・各種設備用水
各種産業用水・他
使用温度
水温:0度〜70度以下
本体保証
15年間(地中埋設の場合は3年間)
特許番号
第2963356号

 

 

本体寸法

正面図 

正面図

側面図 

側面図

 

機 種
適応配管 (φ)
A (mm)
F (mm)
J (mm)
重量 (kg)
F-40
32〜40
370
166
123
14.0
F-65
50〜65
430
200
185
21.0
F-80
65〜80
450
235
213
32.5
F-100
90〜100
570
300
250
65.0
F-125
125
800
315
264
75.0

 

 

取付方法

(1)

 

 

●配管には左図のように本体両サイドの位置に絶縁性のビニールテープを3〜5周程度巻き、電食(異種金属による腐食)を防ぎます。

●保温材やラス(金網)が被覆している場合は部分的にカットして、本体取り付け後に補修します。

●付近に水道メーターがある場合は約50cm以上離すことを基本にお取り付け下さい。(外部への磁場は周囲約20cmでゼロになります)

 

(2)

 

 

●配管外径が細く、本体挟み込み口に隙間が空く場合は、本体が配管に固定されるまでさらにビニールテープを巻くか、1mm厚程度のゴムパッキンテープなどを巻きます。

(3)

 

 

(4)

 

 

●配管口径により、挟み付けた本体同士の間に隙間が空く場合があります。例えばF-65型の適応配管口径は50A〜65Aですが、左図のように配管口径により本体の隙間が異なります。

(5)

 

 

●Fシリーズを地中に埋設する場合は、ステンレス製などのケース入れて、防水対策を施して頂きますと耐久性を向上させることができます。左図の点線の位置(ケース接合部)にはコーキングを施し、密封して下さい。ケースはオプションでご用意しております。※ケースに入れずに直接埋設した場合の保証期間は3年間となります。

 

取付けに関わる注意事項

 

 

●本体の重量が配管に負担をかけますので、架台を組んだり、アンカーボルトで吊るすなど、配管強度に応じて適切な重量対策を施して下さい。

 

参考事項
  • Fシリーズは、ビルや集合住宅、店鋪、工場など各種施設の給水給湯系、温水系、冷却系、浴水系、各種産業用水・工業設備用水などの配管に設置できます。既存の配管の外側から挟み付けるだけなので、磁気を吸収する鉄管やライニング鋼管などでも切断せずに設置でき、断水工事も不要です。
  • 温水系統には70℃未満になるような、ボイラーへ戻る配管に取り付けて下さい。70℃以上の配管に設置せざるを得ない場合は耐熱仕様を施しますので予めご相談願います。

 

設置条件・注意事項
  • 本装置を屋外や地中に埋設する場合は防水シートやラッキング、ケースに入れるなどして土砂や浸水に対する防水処置を施して下さい。
  • 温水系統には70℃未満になるようなボイラーへ戻る配管に取り付けて下さい。70℃以上の配管に設置せざるを得ない場合は耐熱仕様を施しますので予めご相談願います。
  • 本製品は鉄管・銅管・塩ビ管・ポリ管・その他、ほとんどの材質の配管に、直接取り付けることができ、配管材質を問わず効果を発揮します。
  • 本製品は水道管に水が流れることにより水処理効果を発揮する原理です。水を使用していない場合や水流量が少ない状態では、充分な水処理効果を発揮できない場合があります。
  • すでに赤水が出ている場合は、取り付け直後に今までより赤水が多くなることがあります。そのような場合、少し放水し配管内部の滞留水を捨ててからご使用下さい。腐食の進行が止まり配管内部が浄化されてきますと徐々に赤水も減少されます。

 

 

前のページへ戻る このページのトップへ